1回だけ単発で受講してから、1ヶ月レッスンの参加を決めてもOK!


未経験親が「最強の自宅コーチ」になる秘訣(4)


1ヶ月レッスンの初回は、単発でも参加できる集中講座

1ヶ月レッスンの初回は座学を含めた、たっぷり90分の集中講座。
 
実はこの初回レッスン、単発でも申込できる「はじめてのバイオリン・レッスン特別編」というイベントでもあります。
 

単発講座でも1ヶ月レッスンとして継続する申込ができるので、1ヶ月バイオリンをやってみるかどうかは、単発講座の後に決めればいいのです。
 

もちろん、いちど家に帰って考えてから検討して、それから1ヶ月レッスンを申込むのでも構いませんが、できることなら単発講座の会場で申込むことをおすすめしています。
 

というのも、単発講座の会場で申込みした場合はそこで使った楽器を持ち帰ってその日から練習をスタートできるのですが、申込が遅くなると練習をスタートするまで時間が空いてしまいます。
 

レッスンで習ったことを、その日のうちに家で復習するのは上達の第一歩。その後もスムーズに且つ効果的に練習を続けるには、同日の復習は逃さないでほしい、というのが講師たちの本音です。
 
 

こんな場合は、単発講座がおすすめ

「子どもは『バイオリンやりたい』って言うけど、本当に毎日練習する気があるのか、わからない」

という場合は、単発講座だけ申し込んでおいて、そこで1ヶ月コースを検討してみてください。
 
実際「1ヶ月コースに興味あったけど、やっぱりやめておきます」という選択をする親子もいます。

 

「思う通りの音が出ないので、子どもの興味が覚めました。」
 
「うちの子は、もう少し体力がついてから挑戦します。」

 

など、理由はさまざまです。
 

中には、
 

「1ヶ月じゃなくて、長期的に習うことにするので、教室に入会します」

 
という前向きなケースもあります。

 
単発講座では、この先バイオリンを習うことを具体的にイメージできるので、講座を受けて「1ヶ月コースに参加する」「今回はやめておく」「長期的に通う教室を探す」・・・納得の方法を選べるようになります。
 

「どうしようかな・・・」と少しでも悩むなら、最初から1ヶ月レッスンを申し込むのではなく、初回の講座に単発参加して試してみることをお勧めしています。何事も「やってみなければ、分からない」と私たち大人は子どもに諭しているのですから、小さな一歩から最初の「やってみる」に踏み出してみましょう。
 
 
 


◆バイオリンの扱い方からメロディ弾いてみるまで、未経験親子のための単発バイオリン講座
 
未経験親子のための、単発バイオリン講座
 


◆レンタル楽器で1ヶ月だけバイオリンを習ってみませんか?
 
レンタル楽器で1ヶ月だけバイオリンを習ってみませんか?
 


◆未経験から「きらきら星」を弾くオンライン・レッスン
 
未経験から6週間で「きらきら星」を弾くオンライン・レッスン