【5】高学年だけど、5歳の子と内容は一緒?

高学年だけど、5歳の子と内容は一緒?

まだ小学校に上がっていない5歳さんと、小学校6年生とでは、年齢で7歳も差があります。当然、6年生のほうが理解度も、できることも、進み方も、5歳さんよりずっと先を行っています。

 

「1ヶ月バイオリンやってみたいけど、5歳の子と同じはイヤ・・・」

 

小学校5、6年生にもなれば、幼稚園生と並んで同じことをするなんて嫌だと思う子もいるでしょう。親としても気になるポイントかもしれません。

 

実際、同じ1ヶ月でも小学生と幼稚園生とでは進度が違います。進みが早い高学年生がずっと5歳さんと同じ内容では、すぐに飽きてしまいます。

 

練習でも「なぜだろう」「こうしたら良いかな」と自分で考えて実践できるのは、やはり高学年生。同じ1ヶ月でも、レッスン内容もずっと濃くなります。

 

ですから、5、6年生に限らず、上達の早いレッスン生には次の課題を与えていきます。発表会で演奏するときは、上級生はソロで弾く、リズムを刻んで弾く、など一段、二弾上のレベルの演奏をします。これまでも、7歳、8歳もソロ演奏を担当しています。

 

ほかにも、楽器や弓の持ち方を最初の簡易的なものから本格的な持ち方に直したり、レッスン生の進み具合に合わせてレベルアップしていきます。

 

4歳から小学校6年生が、発表会の舞台に立ちました。

4歳から小学校6年生が、発表会の舞台に立ちました。


 
 

関連記事

 
【1】1ヶ月でバイオリンを弾けるようになるの?
 
【2】最初に何から習うの?
 
【3】5歳未満は、参加できない?
 
【4】1回だけレッスンを受けてから、1ヶ月の参加を決めてもOK!
 
【6】1ヶ月レッスンに参加した親子の声
 
【7】未経験の親でも、自宅でコーチできる?