バイオリンを「1ヶ月だけ習ってみる」という選択肢

音大を目指すわけじゃない。ただ、楽しく弾きたい。

テレビ番組で、まったく経験のない芸能人が短期間だけ集中して楽器を習って披露する、という企画を観たことがありませんか?プロの指導を受け、多忙な毎日の隙間時間をすべて使って練習して、全力で演奏する姿に「楽しそうだな」「こんな体験してみたいな」と思ったことはありませんか?
 

楽器を習ったからといって、芸能人が音大を受験するわけではありません。むしろその1曲を演奏することが目的で、それ以上はありません。
 

でも観ている私たちは「楽しそう」「やってみたい」と思わずにいられないのは、なぜでしょう?

 

全力で打ち込んだ達成感に、思わず引き込まれませんか?

 

 

コンクールも音大も興味ない。好きな曲を1曲弾けたらいい

そんな需要を満たしてくれる音楽教室は、日本にはほとんどありません。日本では「音大を目指すための長期的な技術訓練」が主流で、それ以外の教育方法ははなかなかありません。
 

というのも、音楽教室でバイオリンを教えている講師は、幼少期からバイオリンを始めてめて音大に行って、10年、20年とバイオリンを弾き続けている人が大半です。つまり「音大を目指すための長期教育」を受けてきた人たちばかりです。だから「音大を目指すための長期教育」を教えようとしますし「10年、20年と継続する」前提に、なんの疑いもありません。
 

長く継続することを前提とした練習が悪いわけではありません。でも音大を目指すわけではなく「バイオリン弾けて楽しい」と体験したいだけなのに、音大用のレール以外の選択肢がないのでは、「バイオリンに興味はあるけど・・・」と躊躇するのも当然です。

 

 

 

 

「今」楽しみたいのに、基礎練習だけを10年なんて、できない

楽器の演奏だけでなく、野球やサッカー、バレエ、絵画・・・何事にも基礎技術は大切です。とくにバイオリンは技術の習得だけでも時間がかかる楽器。思うような演奏に手が届くまでは長い年月を要することは否めません。
 

基礎技術をたくさん身につけているほうが、より多彩な楽しみ方ができることも事実です。だから基礎技術をおろそかにしていいとは考えていません。
 

基礎技術を積み上げることが楽しければよいのですが、地道な基礎訓練だけでは飽きてしまうのも事実。そこで最初に『バイオリンを弾けるって楽しい!』と実感できる選択肢を作りました。

 

短期間で成果を出すため、初回は座学で楽器の基礎から

 

 

「楽しい!」を実感する最短コース

一般に、バイオリンを習い始めると「きらきら星」程度の曲を弾けるようになるのは約1年後。それまで必要な基礎技術を練習していきます。
 

でも「1ヶ月レッスン」では約1ヶ月後に「きらきら星」を発表会で演奏します。
 

圧倒的に時間が短いので、「1ヶ月レッスン」では最低限必要なことしか練習できません。楽譜の読み方も習いませんし、いきなり曲の完成形を目指して弾き始めます。
 

だから発表会の演奏は、バイオリンを長く習っている子たちと比べたら技術的に劣ることは否めません。でも実際に1曲弾いてみると、「綺麗な演奏をするには、もっと基礎技術が必要だ」と身をもって知るのです。

 

 

 

 

選択肢は、自分の手にある

「バイオリンの練習って、結構大変なんだ」

「まだ全然できないことばかり」

「それでも1曲弾けると、楽しいな!」

 

「1ヶ月レッスン」を体験してみると、短期間のうちにたくさんの気づきがあります。そこから「バイオリンを続ける」「これで終わりにする」どちらを選ぶのも、自由です。
 

「1ヶ月レッスン」を体験してみて、その後もバイオリンを習い続けると決める親子もいれば、一方で「憧れのバイオリンを弾けたから、これで終わり」という親子もたくさんいます。むしろ「これで終わり」のほうが多いかもしれません。
 

どちらを選んでも、みんな晴れやかな顔で発表会の会場から出ていきます。最初のゴールまで1ヶ月、集中して頑張ったのですから。
 

 

レッスンは個人指導。できる子はどんどん進みます。

 

 

憧れのバイオリンの第一歩

地道な基礎技術の練習に入る前に、基礎の大切さを実感していたら、基礎練習にも納得して取り組める。だから最短で弾ける喜びを味わっておこう、というのが「1ヶ月レッスン」の考え方です。
 

1ヶ月はあっという間です。バイオリンの体験レッスンを申し込もうかどうか悩んでいる間に、すでに1ヶ月なんて過ぎてしまっているのでは?だったら最初に1ヶ月だけ、発表会で演奏する喜びを、親子で体験してみてください。
 

まだ本気で習い続ける気があるかどうか分からないのですから、最初の一歩は小さく手軽に。でも、満足できるだけやり切ってみましょう。
 

 

発表会の達成感はひとしお