「時間を作れないから、バイオリンは無理」と決める前に

大人が可能性を閉ざしている?


本当に「時間」がない?


 

1日10分、1ヶ月だけなら続く

こどもは『バイオリンやりたい!』って言うけど・・・
 
 
「いつもの生活のリズムで練習の時間を作れないから、バイオリンは無理だと思う。」
 
 
と諦める理由を決めていませんか?
 
 
「無理」と決める前に、ちょっと想像してみてください。
 
 
「1日10分、スマホを斜め読みしている時間を削る」
 
 
なら、できませんか?今日から永久に、ではなく、1ヶ月だけ。
 
 
1ヶ月だけ、スマホの代わりにバイオリン練習にするのです。
 
 
「たった10分でいいの?」
 
 
と驚くかもしれませんが、たぶん最初のうちは、お子様は「5分で疲れてしまう」ので、準備と片付け合わせても10分にもならないでしょう。
 
 
そして、練習に慣れてきて10分、15分と続けられるようになる頃は、すでに練習のリズムが身についているので、そのまま1ヶ月続けられます。
 
 

期間限定なら、人は踏ん張れる!

1ヶ月の時間は、どんどん減っていきます。
 
 
今日は残り30日でも、明日になれば残り29日、その次の日には残り28日・・・
 
 
「1ヶ月だけ」という限定なら、人は多少の無理も乗り越えられるもの。それは子どもも同じ。
 
 
実際、「1ヶ月レッスン」に参加した子ども達は、ピアノのレッスンと両立させたり、塾通いと両立させたり、親が驚くほどの集中力を見せています。
 
 
1ヶ月後の「発表会」という明確なゴールがあるので、子ども達も努力する意味を理解しているのです。
 
 
練習した最後には発表会で演奏できる、だからそれまで頑張ろう!と。
 
 
「うちの子は、発表会は出られなくてもいいや・・・」と親があきらめ気味だった4歳さんは、人一倍の頑張りで、発表会では小学生に交じって堂々と演奏していました。4歳なので最初は遅れ気味でしたが、慣れてくると練習意欲も湧いてきて、担当講師も驚くほどの成長でした。
 
 
「ピアノのコンクールがあるから、バイオリンできるのは今だけ」と分かっていた7歳さんは、最初からバイオリンの練習に意欲的で、発表会の本番ではソロ演奏を担当しました。でも、ピアノの練習の手を抜くことはありませんでした。むしろピアノも今まで以上に練習するほど。弦楽器経験を積んだことをピアノの先生にも褒めてもらい、中身の濃い1ヶ月でした。
 
 
夏に参加した9歳さんは、泊まりの学校行事などで楽器に触れない日が続いてしまいました。もっと上手に弾けるようになりたいと、家族旅行にも楽器を持って行き、足りない練習時間を埋めました。最後はソロ演奏するほどの上達ぶりでした。
 
 

「無理」の前に、チャンスを1回

「そうはいっても、うちの子はちょっと・・・」と思うなら、すべて諦める前に、単発のバイオリン講座だけ、いちど試してみてください。
 
 
単発講座では、弾き方だけでなく、楽器の扱い方、音の調整、しまう時の注意、など日々の練習に必要なこと、中にはちょっと面倒なことも、一通り体験します。
 
 
そこで「バイオリンやりたい!」と言える子は、他に習い事があっても、毎日の宿題で手一杯でも、1ヶ月続けられるのです。
 
 
反対に、事前に「バイオリンやりたい!」と意欲満々でも、講座でバイオリンの意外な大変さを知って興味を失うこともあります。見た目の優雅さからは想像つかない、バイオリンの難しさです。
 
 
「やってみなければ分からない」のだから、やってみた結果、「自分には合わない」「想像と違った」と判断できたので、それも一つの成果です。根拠なしに「無理」と最初に決めてしまうのとは全然違います。
 
 
何も試していないうちに「無理」と決めてしまっては、子どもの興味は不完全燃焼。
 
 
「まず、やってみる」
 
 
言うのは簡単ですが、実は大人のほうが躊躇しているのです。
 
 
「無理」と可能性を閉ざすのではなく、「やってみて、決める」チャンスを、子どもに与えてみませんか?
 
 

親子で調弦の練習(初回レッスン)