はじめての楽器ミニ・レッスン

★「はじめてのミニ・レッスン」シリーズはじめました(!?)
 
楽器体験の時間は、正しい持ち方や正しい鳴らし方など細かいことを気にするより「本物の楽器を持ってみる」という楽器との出会いの第一歩。

「子どもに楽器を習わせたいけど、親に経験がないから教室選びの基準がわからない」
「習うかどうかはまだ分からないけど、楽器を習う体験をしてみたい」

という方に向けたミニ・レッスンを用意しました。

 


 
 

「目の前で素敵な演奏を披露してくれた人が、楽器を教えてくれた!」
という感動は、とくに子どもの心には意外にも大きな思い出として残るものです。
 
コンサートに登場する楽器の種類が「ミニ・レッスン」シリーズのラインナップ。
 

  • はじめてのバイオリン・レッスン
  • はじめてのフルート・レッスン
  • はじめてのチェロ・レッスン
  • はじめてのリズム・レッスン
  • はじめての弦楽器の基礎レッスン
  • はじめてのハープ・レッスン
  • 少しずつレッスンの種類も拡大してまいりますので、どうぞお楽しみに。
     
     
    ★音楽教室の体験レッスンを受ける前の体験
     
    ミニ・レッスンは約15分。
    楽器体験の時間に「触ってみる」は実施済み。なのでその一歩先の体験ができるよう工夫しています。
    たとえば、バイオリンなら「メロディを演奏してみる」、
    フルートだと、「音を出してみる」、など。

    約15分という限られた時間だけで教わったことを完全にマスターすることはできませんが、

    「こういう練習なら楽しく続けられそうかな」
    「いま習わせるより、もう少し大きくなってからのほうが楽しく取り組めるかな」

    など、将来のレッスンのイメージを持っていただく機会です。
    音楽教室の体験レッスンを受ける前の、レッスン知識の習得機会、体験レッスンの体験、としてご利用ください。

     


     

     
    ★憧れの楽器の第一歩
     
    【バイオリン/チェロ】
    楽器体験の時間に「音を出す」ことは体験済みなので、レッスンでは「メロディの演奏」に挑戦します。
    狙った弦を弾く、弦を押さえて音を変える、など楽器を操作するので「習い始めるとこんな練習するんだな」と親子で体験できます。
     
    【フルート】
    身体の小さな子どもでも無理なく練習できるよう、小型の横笛「ファイフ」を使います。
    使用したファイフも一緒にお持ち帰りできますので、おうちでも続けてみてください。
    ファイフで「ド・レ・ミ・・・」を演奏する指使いはソプラノ・リコーダーと似ています。
    同封の運指表で「ド・レ・ミ・・・」の音の出し方を確認できますので、慣れてきたら好きな曲を演奏してみましょう。
     
     

    ★大きな楽器で楽しくレッスン
     
    【弦楽器の基礎】
    「バイオリンのレッスンに興味あるけど、まだ早いかな」と思われる方のための弦楽器レッスンです。
    大きな弦楽器を使って基本の操作を実践するので、分かりやすくて楽しい!弦楽器を好きになる第一歩としておすすめです。

     

     
     
    ★レッスン動画があれば、おうちでも再現できる!
     
    【リズム】
    リズムは難しく考えるものではなく、「面白い!」「音に合わせるとカッコいい!」と楽しむ気持ちが上達の近道。
    レッスン時の動画をお届けしますので、その場で全部覚えなくてもおうちでも再現可能。家族で音に合わせて一緒に叩いてみましょう。

     


     
     

    ★ミニ・レッスンは何歳から受けられるの?
     
    ミニ・レッスン参加の年齢制限はありません。大人の話を聞くことができれば参加いただけます。
    最年少は2歳から参加されています。
     
    【幼稚園未満の場合】
    2~3歳の低年齢で参加される場合は、15分のレッスンに集中力が持たないことがあります。
    5分続けば良いほうでしょう。すでにコンサートの後で疲れている、または楽器体験時間の「触ってみる」体験で十分満足していたら、次にはもう違うことをしたいと思っても不思議はありません。
    途中で飽きてしまっても不思議はない年齢なので、短時間でも楽器に取り組めた姿勢を見てあげてください。短時間でも子供の心には鮮明な記憶として残っているので、後になってレッスン体験のおはなしをしてくれることも珍しくありません
     
    【幼稚園年齢】
    幼稚園に通う年齢では自分でできることも増えてきますが、、大人の話を理解できても、説明通りのことを実践するのは簡単ではありません。
    思うように楽器を操作できないことに子供がいら立ってしまうこともあります。
    楽器の習い事を始めると、同様の困難にぶつかることはたくさんあります。そんなときに大人(親)が上手にサポートする練習として、うまくできないところを一緒に取り組んであげてください。
     
    【小学生以上】
    小学校に通う年齢にもなると、大人のサポートが少なくても、説明されたことを実践できるようになってきます。
    「小学生で習い始めるのは遅いのでは?」という質問をいただくこともありますが、理解力がある状態で始められるという利点がありますので「遅い」ということはありません。15分という限られた時間内に「メロディを演奏する」というゴールまでたどり着ける子が多いです。
    同じミニ・レッスンに低年齢の子供さんが参加していた場合は、違いがはっきり分かると思います。
     
    【大人】
    「実は親の自分がやってみたかった」という声も少なくありません。
    ほかにも、「子どもにミニ・レッスン参加させたけど、サポートしていた親のほうが本格レッスン受けたくなった」「子どもと一緒に習いたい」など、大人のほうが夢中になってしまうことも(!?)
    とはいえ大人は仕事等で忙しくて習い事に通うのは難しい・・・・とあきらめる声も。
    親子で一緒、または大人のレッスンなど、個々人の都合に合わせた習い事の相談も承っております。
    コンサートと合わせてレッスンが受けられる機会を利用してみてください。
    親子で一緒にミニ・レッスンから参加するのも楽しいですよ♪

     


     

     
    ★いつ、何のミニ・レッスンを実施しているの?
     
    コンサートに登場する楽器でレッスンを実施していますので、コンサート毎に受けられるレッスンが異なります。
    レッスンス・ケジュールを随時更新していますので、ご確認ください。

    いずれの日程でも、

    【第一部】コンサート→【第二部】楽器体験→【オプション】ミニ・レッスン

    という流れで実施します。

    「楽器体験に参加したら、レッスンも受けたくなった・・・」

    という声もいただくのですが、楽器サイズやお持ち帰り用楽器のなど事前に準備が必要な都合上、ミニ・レッスンはいずれも予約者のみに限定させていただいております。
    参加をご希望される場合は事前にチケットをご用意ください。