新着情報

12~1月「ミニ・レッスン」スケジュール


★「ミニ・レッスン」とは・・・

通常の楽器体験では「楽器に触ってみる、音を出してみる」という体験が主ですが、「ミニ・レッスン」は、楽器をもっと教えてほしい、習い事に興味があるという方のための15分のレッスン体験です。
「楽器の習い始めはこうやって練習するんだな」ということを知っていただく内容です。
第二部の楽器体験の最後の時間に実施します。
各レッスンの概要はこちらをご参照ください。
 


ミニ・レッスンは少人数で行います

 
★レッスンの種類
レッスンを実施している楽器は

バイオリン
フルート
チェロ
ハープ
リズム(打楽器)
コントラバス(小学生から)

 

=== 12月・1月「ミニ・レッスン」スケジュール ===


【バイオリン・レッスンがあるコンサート】
メロディの演奏に挑戦します。小さなお子様には大人(親)が手伝ってあげてください。
体の大きさに合わせて楽器のサイズをアドバイスしています。
 

■12/3(日)東京都国分寺市 国分寺Lホール
詳細はこちら
 

■12/16(土)埼玉県川越市 川越クラッセ
詳細はこちら
 

■1/8(月祝)神奈川県鎌倉市 鎌倉芸術館
詳細はこちら
 

■1/13(土)神奈川県川崎市 川崎国際交流センター
詳細はこちら
 

■1/28(日)東京都江東区 深川江戸資料館
詳細はこちら
 


バイオリン・レッスンの様子

 

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
はじめてのバイオリン・レッスン【特別編】
楽器未経験の親子のための、単発レッスン。音楽教室や楽器店を訪れる前に知っておきたいこと、いろいろ体験できます。
 
■12/26(火)東京都板橋区 シニア学習プラザ
詳細はこちら
 

■12/27(水)東京都町田市 和光大学ポプリホール
詳細はこちら
 

■1/21(日)東京都西東京市 こもれびホール
詳細はこちら
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
 


【フルート・レッスンがあるコンサート】
「ファイフ」という小さな横笛を使って練習しますので小さなお子様でもレッスンできます。
使用したファイフはお持ち帰りいただけます。
 

■12/16(土)埼玉県川越市 川越クラッセ
詳細はこちら
 


フルート・レッスンの様子

 


【チェロ・レッスンがあるコンサート】
メロディの演奏に挑戦します。小さなお子様には大人(親)が手伝ってあげてください。
体の大きさに合わせて楽器のサイズをアドバイスしています。
 

■12/3(日)東京都国分寺市 国分寺Lホール
詳細はこちら
 

■1/8(月祝)神奈川県鎌倉市 鎌倉芸術館
詳細はこちら
 

■1/13(土)神奈川県川崎市 川崎国際交流センター
詳細はこちら
 

■1/28(日)東京都江東区 深川江戸資料館
詳細はこちら
 


チェロ・レッスンの様子

 


【ハープ・レッスンがあるコンサート】
両手で弾いてみましょう。子どもでも手が届くサイズのハープで実施します。
手が届かない場合は、大人が片手をサポートしてあげてください。
 
<準備中>


ハープ・レッスンの様子

 


【リズム・レッスンがあるコンサート】
おうちでもどこでもできるリズム遊び。「カッコいい」叩き方を練習してみましょう。
レッスンの動画を後日お送りします。おうちでも楽しく遊びながら「カッコいい」リズムを練習してみてください。
 
■12/3(日)東京都国分寺市 国分寺Lホール
詳細はこちら
 

■12/16(土)埼玉県川越市 川越クラッセ
詳細はこちら
 

■1/8(月祝)神奈川県鎌倉市 鎌倉芸術館
詳細はこちら
 

■1/28(日)東京都江東区 深川江戸資料館
詳細はこちら
 


リズム・レッスンの様子

 


【コントラバス・レッスンがあるコンサート】
小学生から参加できます。踏み台を使ってメロディの演奏に挑戦します!
 
<準備中>

 
======

 
★参加ご希望の場合は・・・
「ミニ・レッスン」参加を希望される場合は、通常のチケット(コンサート+楽器体験)のほか「ミニ・レッスン」のオプション・チケットをご購入ください。
少人数制のため、各回ともチケット数が限定されています。
レッスン参加を希望される場合はお早めにお申し込みください。

 

 
「実は自分も楽器の習い事に興味があったんだよな・・・」という方、子どもだけでなく、大人の参加ももちろん歓迎です!
親子で一緒に楽器を演奏できたら素敵ですね。

 

川崎から、参加しやすいコンサート 2017年秋冬

東京が近くて、横浜方面にもお出かけしやすい、何かと便利な川崎から参加しやすいコンサート、集めました。
 
2017年11月~12月のスケジュールです。

 

■品川方面、京浜急行線利用なら・・・

11/3(金祝)ライフコミュニティ西馬込開催
「弦楽コンサート&バイオリン・チェロ体験」
最寄駅:都営浅草線「西馬込」


 
 
■武蔵小杉方面、東急東横線利用なら・・・

11/12(日)川崎市国際交流センター開催
「弦楽コンサート&バイオリン体験」
最寄駅:東急東横線「元住吉」


 
 

■品川方面・京浜東北線利用なら・・・

11/18(土)北とぴあ開催
「弦楽コンサート&バイオリン・チェロ体験」
最寄駅:京浜東北線「王子」東京メトロ南北線「王子」

 

■鶴見方面、京浜急行線利用なら・・・

11/26(日)横浜オオハラホール開催
「管弦楽コンサート&バイオリン・フルート体験」
最寄駅:京浜急行線「戸部」


 

■府中方面・南武線利用なら・・・

12/3(日)国分寺開催
「弦楽コンサート&バイオリン・チェロ体験」
最寄駅:JR中央線「国分寺」西武多摩湖線・国分寺線「国分寺」


 
 

「近いから」ではなく、わざわざ遠方から参加される方も増えています。
車で2時間かけていらっしゃる方も、珍しくなくなりました。
 
「バイオリンのミニ・レッスンも参加したかったから」
「0歳でも一緒に入れるところを探していたから」
「子どもがバイオリンに興味があるので、バイオリン体験させてあげたかったから」
 
などなど、ほかではできない親子の音楽体験を求めて、いらしています。
小さなお子様と一緒に時間をかけてお越しになる場合は、どうぞ時間に余裕をもってお出かけください。

 
「これから新しく公開される開催情報も知りたいな」という方は、開催案内メールマガジン(無料)にご登録ください。
決まったものからいち早く情報をお届けします。
開催案内メルマガの登録はこちら
 


 
 

「はじめてのバイオリン・レッスン」【特別編】


 

◆人気のオプション・メニューを拡大開催!

 
コンサート第二部の楽器体験で実施している「はじめてのバイオリン・レッスン」には、キャンセル待ちのご希望や追加枠のお問い合わせをいただくことも増えてきました。

より多くの方に「楽しい」レッスン体験をお届けするため、通常のオプションではカバーしきれない楽器の説明など含めて、60分の拡大枠で開催いたします。

すでに「ミニ・レッスン」を体験された方もにも楽しんでいただけるよう、目の前のミニ演奏、楽器の部品や道具の紹介、等、コンサートとは違う角度から楽器に興味を持ってもらえるようなプログラムを用意しています。

 
◆「子どもにバイオリンを習わせたいけど、親の自分に経験がなくて大丈夫かしら・・・?」という方にオススメ

 
誰だって最初は初心者。だから初心者の言葉で説明してほしいと思うのですが、音楽教室や楽器屋さんではなかなか尋ねにくいもの。楽器のパーツの呼び名なども丁寧に説明していきます。楽器のお手入れなどレッスンを始めた後に必要になる道具などの知識も先取り。実際に手を動かして体験しながら学ぶので、親子のレジャーとしても楽しい時間です。
 
 



実際の楽器を使ってバイオリンの仕組みを学習

 
 

 
◆「いきなり音楽教室の体験レッスンには行きにくい・・・」その理由は?

 
音楽教室に限らず、ショールームなど実際の商品がある場所ってなんだか行きづらい・・・と思うのは、「勧誘されたらイヤだな・・・」と思うからではないでしょうか?とくに親に経験がない場合、想定より高額の商品やサービスをすすめられても、必要なのかどうなのか判断基準が分からず「No」と言えないため、余計に躊躇してしまいます。

「はじめてのバイオリン・レッスン」【特別編】は、そんなパパママの本音に沿った、単発レッスンとして設定しました。
レッスンでは楽器の仕組み、附属品、メンテナンスについてなどレッスンを始めると必要になる知識を実物を使って紹介します。営業で勧められても自主的に要・不要を判断できるようになれば、具体的に教室や楽器を検討しやすくなります。
 
 
◆もちろん、演奏も体験します

 
1回限りのレッスンでバイオリンを弾けるようになることは、残念ながらできません。
ですが、バイオリンを習うことの楽しさも知っていただくために、レッスンではメロディの演奏にも挑戦します。
指が思うように動かずきれいなメロディにならないかもしれませんが、「思ったより難しい」「だから最初はこういう基礎練習なんだな」と習い始めた後のイメージを具体化できる機会であり、メロディを奏でた時の喜びを実感いただける機会でもあります。

 
 



メロディ演奏にも挑戦!

 

 
◆担当する講師は、コンサートの演奏メンバー

 
【親子のプレミアム・サロンコンサート】に参加したことのある人なら、演奏メンバーの優雅でカッコいい演奏も見たことがありますね。
演奏を身近に感じさせてくれる個性あふれるメンバーが、「はじめてのバイオリン・レッスン」を担当しています。
人柄あふれる楽しいレッスンなので、子ども達に人気です。

「はじめてのバイオリン・レッスン」が初めての参加になる人は、担当講師が出演するコンサートにもどうぞ遊びにお越しください。
レッスンではあまり演奏の機会がありませんんが、コンサートでは楽しくて感動的な演奏を披露しているので、子ども達の身近な憧れや目標になったら嬉しい限りです。
 
 



いつも楽しませてくれる演奏メンバーが講師を担当します

 
 

◆開催スケジュール
 

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
 
【板橋会場】2017年12月26日(火)10:30~11:30
 
■詳細 http://eventregist.com/e/1esS0nMaCh1da
■会場 板橋区シニア学習プラザ
■住所 東京都板橋区志村3丁目32−6
■最寄駅 都営三田線「志村三丁目」

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
 
【町田会場】2017年12月27日(水)14:30~15:45
<小学生用>
 
■詳細 http://eventregist.com/e/1esS0nMaCh1da
■会場 和光大学ポプリホール鶴川(東京都町田市)
■住所 東京都町田市能ヶ谷1丁目2−1
■最寄駅 小田急線「鶴川」

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
 
【西東京会場】2018年1月21日(日)10:30~11:30
 
■詳細 http://eventregist.com/e/1eSs0nH0yA
■会場 こもれびホール 音楽練習室
■住所 東京都西東京市中町1丁目5−1
■最寄駅 西武池袋線「保谷」

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★

 
 

教室選びや楽器購入の相談がある場合は、レッスンの機会にどうぞお尋ねください。
 



レッスンの最後にみんなで合奏♪

 

 

「ゾウさん管弦楽団の音楽便り」Vol.6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★音楽家からのメッセージ★
┃ 「楽器をやめるとき」
┃ コントラバス奏者・井口信之輔

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
===「楽器をやめるとき」===

 
こんにちは、コントラバス奏者の井口信之輔です。
 
このメルマガの読者には「これから子どもに楽器を習わせてあげたい」と考えている人が多いと思いますが、今回は「楽器をやめる」ときのおはなしです。
 
中高の吹奏楽部を指導する者としての僕の主観ですが、これからの習い事をより良い体験にするための参考になればと思います。
 

音楽に限らず習い事をしていれば、どこかで「やめどき」が訪れます。進学や受験、就職、他に興味のあるものができた・・・区切りをつけようと本人は決めたのに、周りの人がつい言ってしまうのが「今まで続けたのにもったいない」という言葉。
 

「高い楽器も買ったのに『もったいない』」
「10年続けたのに『もったいない』」
「ここまで上達したのに『もったいない』」
 

・・・本当に「もったいない」のでしょうか?
 

これはひとつの見方ですが、誰かが楽器をやめようとするとき、他者から見ると、新品の楽器やレッスンに費やした時間など「楽器のために投じたもの」から見返りを得られていないように思えるから、ではないでしょうか?だから「良かれ」と思ってつい口に出てしまうのだと思います。
 

でも、言われた本人には嬉しくない言葉です・・・そんな経験はありませんか?
 

何かの賞や点数だけが音楽の見返りではありません。
どんなレベルで、どんなタイミングで楽器をやめても、それまでの過程で素晴らしいものを得ていると僕は思っています。
 

たとえば楽器を習うことで初めて知った音楽もあるだろうし、好きな作曲家を見つけるかもしれません。難しい技術を習得したり、発表会など人前で演奏することによって自信がついたり、憧れの曲を演奏した喜びなど、楽器を習う過程で得た原体験は練習をやめてもいつまでも心に残ります。「もったいない」なんてことはありません。
 

これまで吹奏楽部で中高生を指導し、たくさんの子供たちが卒業していきました。卒業や進学を境に楽器をやめた子も少なくありません。楽器をやめたことは悲観することでも非難することでもありません。楽器の練習はしなくなったけど音楽を聴くのは変わらず好きだから今はコンサートを鑑賞するのが楽しい、という子もいますし、楽器や音楽とは全く違う新しい世界で打ち込めるものを見つけた子もいます。僕も卒業していく子供たちには「やりたくなったらまたやれば良い。今までと違う新鮮さがあるから。」と伝えています。
 

もしもお子さんがこれから楽器のレッスンをはじめて親の期待より早くやめたとしても、「もったいない」とは言わないであげてください。新しい経験が増えたらその分、人生が豊かになります。興味や関心が変わっていくのは成長している証なんだと僕は考えます。
 

大きくなってなってまた楽器に興味を持つことだってありますし、若いうちは身体が楽器の演奏を憶えているものです。
 


 
=====

「ゾウさん管弦楽団の音楽便り」Vol.5

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★音楽家からのメッセージ★
┃ 「大切な曲」
┃ バイオリン奏者・森田あやこ
┃ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
===「大切な曲」===
 
みなさん、こんにちは。バイオリン奏者の森田あやこです。
 
コンサート会場では「バイオリンは2歳から習わないとダメなの?」という質問をたくさんいただきます。著名なバイオリニストには2歳、3歳という小さなうちから始めた人は多いですし、「小さいうちから習わないと上達しない」というイメージが強い楽器です。
 

ところが私がバイオリンを始めたのは10歳で、多くのバイオリン経験者よりもずいぶん遅れてのことでした。このあたり、みなさまの多くが関心を持たれるところだと思いますので、私がバイオリンを始めたきっかけを紹介します。
 

バイオリンを始める前は、私は母の影響でピアノとエレクトーンを習っていました。当時は音楽や演奏にはそれほど興味はなく、小学生の高学年までにピアノはやめるつもりでした。音楽よりもお友達と会うのが楽しみで教室に通っていたのです。特に大きな目標も持たずピアノを続けていた小学4年生の冬、バイオリンに出会いました。
 

妹の友達に誘われ、同じ小学校の卒業生であるバイオリニストの訪問演奏を聴きにいきました。バイオリンの生演奏を聴くのは、その時が初めてでした。私はその場で、目の前で優雅に響くバイオリンの音色、中でも「愛の挨拶」という曲に一目惚れ。「私もあの曲をバイオリンで弾いてみたい!」と強く思ったのを今でも鮮明に覚えています。ありがたいことに、そのバイオリニストから先生を紹介していただくことになり、ピアノ以上に真剣な気持ちでバイオリンを習い始めました。
 

進学やクラブ活動などをきっかけに楽器の習い事をやめる人は多いですが、私は中学校に入ってもバイオリンを続けていました。中学校の3年間は短く、あっという間に受験生。最初は一般高校への進学を考えていましたが、憧れの「愛の挨拶」も弾けるようになったころにはバイオリンを続けたくて音楽高校への進学を決めました。
 

「愛の挨拶」という曲は、一つの習い事だったはずのバイオリンを今こうして本業にしてしまうほど、私にとって大切な曲になりました。今でもこの曲を弾くときは、他の曲とは違う、特別な想いが込み上げてきます。「愛の挨拶」をコンサートで披露することがあれば、今度は私がみなさまに大きな感動を与えられるよう、精いっぱい気持ちを込めて演奏したいと思います。
 


 
=====

「ゾウさん管弦楽団の音楽便り」Vol.4

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★音楽家からのメッセージ★
┃ 「チェロに恋して」
┃ チェロ奏者・小林さつき

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
===「チェロに恋して」===
 
こんにちは。チェロ奏者の小林さつきです。コンサートでお会いした方々から
「チェロは何歳から始めたの?」
「チェロを始めるために、ピアノやバイオリンを先に習っておく必要があるの?」
 
と質問をいただくことが多くなりました。チェロに興味を持っていただけることを嬉しく思います。
今回は私がチェロを始めたきっかけについてお話しします。
 

私がチェロにはじめて出会ったのは12歳の時でした。
3歳から続けていたピアノの発表会で、毎回、先生のお友達の音楽家がゲスト出演するのですが、その年は女性のチェロ奏者が演奏してくださいました。
 
私はその時まで「チェロ」という楽器を見たことも聴いたこともありませんでした。
まず、客席から見てもはっきり分かる楽器の大きさに驚きました。しかも、楽器とは対照的なほど華奢な女性が、大きなチェロを自在に弾きこなしていたのです。そして、その優しい中低音がなんとも魅力的でした。
 
私はそのチェロ奏者に憧れて「自分もあの人のように、カッコよくチェロを演奏してみたい!」という衝動に駆られました。ピアノは小さいころに親に勧められるままに始めた習い事でしたが、その時ばかりは、初めて自分の意思で「チェロを習いたい」と両親に伝えました。ピアノが嫌いになったわけではありませんが、ピアノ以上に強く興味を惹かれる楽器に出会ってしまったのです。
 
その出会いがきっかけでチェロを始めることになったのですが、運が良いことに、私は発表会で憧れたあのチェロ奏者に習うことができました。目の前に憧れの人がいて、憧れの人から教わることができて、レッスンはとても充実していました。
そしていつしか、自分も先生のように誰かに感動を与える音楽家になりたいと音楽の道へと進み、今こうしてチェロでお仕事をさせていただくまでになりました。
 
バイオリンやピアノと比べると子ども達が演奏に触れる機会もずっと少ないチェロですが、コンサートで見て、聴いて、体験して、「チェロが好き」と言ってくれる子が一人でも増えたらいいなと思って、今日も演奏しています。
 


 
=====
 

「子どもに習い事のきっかけをどうやって作ったらいい?」
とコンサート会場で質問をいただくことも多くなりました。
 
音楽でもスポーツでも、強い「憧れ」は練習のモチベーションであり、上達のための栄養素。「親子のプレミアム・サロンコンサート」でも、子ども達に「あの楽器弾けるようになりたい!」という出会いを提供できたら、嬉しい限りです。
 
—–
 
【親子のプレミアム・サロンコンサート】
「ミニ・レッスン」7月のスケジュール
 
http://085concert.com/2017jul_minilesson

 
コンサートでは15分単発の「ミニ・レッスン」(オプション)も実施しています。
 
「習い事に興味あるけど、いきなり音楽教室の体験レッスンは、勧誘されそうで躊躇しちゃうな・・・」

「子どもに楽器を習わせたいけど、興味持って続けられるか疑問だな・・・」
 
という方には理想的な単発レッスン。
楽器の買い方やサイズなどもアドバイスしていますので、ご利用ください。