「クラリネット・ポルカ」でリズムあそび

「クラシック音楽って難しくて、子どもは飽きちゃう?」

と思われることが多いのは、きっと「子どもに馴染みあるクラシック曲が少ない」からではないでしょうか。

アニメソングなら子ども達が好きな曲はいろいろ思いつきますが、クラシック曲で子ども達に人気のある曲は・・・なかなか出てきません。

だから「クラシック音楽は大人向け」と思われやすいのですが、クラシック音楽にも子ども達が楽しく鑑賞できるものはたくさんあります。

こんな曲なら飽きずに楽しい!

たとえば、「○○ポルカ」と名前のつく曲。

「ポルカ」とはポーランドの踊りの曲の意味なのですが、明るく軽快な曲が多いので子ども達も楽しく遊べます。
大人も子供も一緒になってお祭りで楽しく踊るのは、日本だって同じですから。

「ポルカ」と名のつく曲のうち「クラリネット・ポルカ」は、音楽の教科書にも出てくる有名な曲。
どこかで耳にした人も多いことと思います。
「ポルカ」という踊りの曲ですから、私たちのコンサートでは大人も子どもも一緒に踊れるよう振り付けしました。

下の動画は、みんなで「クラリネット・ポルカ」でリズムあそびしているところです。
曲に合わせて手拍子しているの、分かりますか?
手拍子の音のない部分には簡単な振り付けをしてあります。
 




 

動画には映っていませんが、抱っこの赤ちゃんもパパママさんが手を添えて一緒に踊っています。
ひとりでできる子は、曲のリズムを上手に感じ取りながらパパママに踊りを披露しています。

興味が持てれば、ジャンルは関係ありません。

ふだん子ども達の周りにクラシック音楽が少ないだけで、子どもにつまらないわけではありません。
子ども達が興味を持てるようにちょっと工夫を添えるだけで、パパママと一緒に楽しめるお気に入り曲になるもの。

「子どもにクラシック音楽も聴かせたいな・・・」

と思うのであれば「一緒に遊べる」曲を選んでみると良いですよ♪
もちろん、コンサートへのご来場、大歓迎です(^^)